So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ネットで気になった「イルミナージュビューティ」や「ラスリッシュ」など [ブログ]

今日、ネットサーフィンしていたら、「イルミナージュビューティ」というサイトと、「ラスリッシュ」というサイトと、「リズプラベール」というサイトと、「育美~hagukumi~」というサイトと、「アッカノン」というサイトを見つけました。
時間のある時に、じっくり調べたいので、書き留めておきます。


イルミナージュビューティ!エイジングケアは、銅テクを利用した、アイマスクや枕カバで熟睡している間にエイジングケアできる商品です。


シャンプー&トリートメント【ラスリッシュ】は、美容師200人が【いいね】と言っているシャンプー&トリートメントです。


リズプラベール『エッセンシャルオイル』は、肌の悩みを持つすべての女性のためのスキンケアです。


育美~hagukumi~韓国コスメ(化粧品)は、JAYJUN日本唯一販売代理店で、3STEPシートマスクが販売されています。


アッカノン(ACCANON)赤ニキビ用ゲルは、医薬部外品の赤ニキビ専用オールインワンジェルです。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2PM チャンソン 怪盗ロワイヤル 出演 [2PM チャンソン 怪盗ロワイヤル 出演]

“野獣アイドル”と呼ばれている韓国出身の6人グループの2PMで

ボーカル・ラップを担当するチャンソンが松坂桃李主演ドラマ『怪盗ロワイヤル』に

“肉体派シープ(=怪盗)”役としてレギュラー出演するそうです。

チャンソンにとって、日本における連続ドラマ初レギュラーとなる『怪盗ロワイヤル』では、

テコンドー3段、剣道2段の腕前を生かした切れ味鋭いアクションを披露しているそうです。

「歌手ではなく、俳優としてのチャンソンの演技にもぜひ注目してみてください」

と語っていたそうです。

今年5月シングル「Take off」で日本デビューを飾り、

ワイルドかつセクシーなダンスと歌で瞬く間に日本の女性ファンを魅了し、

“野獣アイドル”のキャッチフレーズで注目を集める2PMのチャンソン。

今回の連ドラ出演決定に「日本語はまだまだ勉強中ですが、

全力でジャック役に向き合っていきたいと思います」と胸中を明かしていたそうです。

『怪盗ロワイヤル』は毎週金曜日深夜0:20~TBS系で放送予定です。

深夜の時間帯にも楽しみにできるドラマが増えて、夜も眠れませんね♪


2PMのチケットを探すならコチラ

夜明けの街で ネタバレ [夜明けの街で ネタバレ]

映画「夜明けの街で」が今日10月8日公開されています。
【送料無料】夜明けの街で

【送料無料】夜明けの街で
価格:660円(税込、送料別)


東野圭吾さん初のラブストーリーで、主演の岸谷五朗さんと深田恭子さんが

不倫の恋に落ちるというストーリー。

幸せな家庭に恵まれた主人公・渡部(岸谷五朗さん)が、

ミステリアスなヒロイン・秋葉(深田恭子さん)と出会い、

甘く残酷な不倫の恋に溺れてゆく。しかしそこには、思わぬ展開が待っていた。

単なる不倫の恋とは違う展開が待っています・・・

こうなるとラストが気になってしかたないですよね。

渡部が不倫に落ちる心境の書き方が印象的なんですが、映画で岸谷五朗さんが

どのように演じられるのかとても気になりますね。

魅力的な秋葉は深田恭子さんが演じるのですが、確かに深田恭子さんは

どこかミステリアスな魅力があるのでピッタリな気がします。

深田恭子さんは今回は不倫の相手ですが、

先日公開された「セカンドバージン」では不倫夫の妻役を演じていました。
【送料無料】セカンドバージン DVD-BOX

【送料無料】セカンドバージン DVD-BOX
価格:15,960円(税込、送料別)


万理江役も良かったですが、今回の秋葉役を演じる深田恭子さんに注目です!!


話題の東野圭吾原作映画タイアップ曲が完全日本語歌詞で登場

人気作家・東野圭吾さんが初めて「恋愛」をテーマに執筆したことで話題を呼んだ
120万部突破のベストセラーを映画化した本作のテーマソングを
久保田利伸さんが歌うことが決定した。
今年は久保田利伸さん、東野圭吾さんともにデビュー25周年という
アニバーサリーイヤーであり、どちらも精力的なリリースが続く中でのコラボとなった。
この映画は、岸谷五朗さん×深田恭子さんという豪華キャストによる
恋人たちの街=横浜を舞台にした大人のラブストーリーで、
幸せな家庭と会社での安定した地位に恵まれた主人公・渡部(岸谷五朗さん)が
ある秘密を抱えたミステリアスなヒロイン・秋葉(深田恭子さん)と出会い、
甘く残酷な不倫の恋におぼれていくという内容である。
そんな大人の恋心を歌いあげてほしいと映画スタッフが
オファーしたのが久保田利伸さんだった。
そして、久保田利伸さんの長年頭の中で温めてきたアイデアと映画のテーマ曲が
必要としていたイメージがリンクしたことから制作に至り、
『声にできない』という許されぬ恋の切なさを描いた楽曲が誕生した。
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。